御座の不動堂
郷倉・浦島太郎と竜宮瓦
空海によって建立されたもので、このお堂の中には空海自身の爪で彫ったといわれる石の不動明王像があります。
御座爪切り不動
銅像如来座像

鳥羽藩に収める年貢をを一時収納していた建物と、平成になってから片田稲荷で発見された浦島太郎伝説を裏付ける瓦。昔、海に潜った数人の海女がそのまま帰ってこなくなった等、志摩には浦島太郎伝説を彷佛とさせる物語りがあります。県指定史跡:
越賀(郷倉)・片田(瓦)

格子絵天井
江戸時代末期の画家野村訥斎とその弟子によって書かれたもの。
片田稲荷神社

平安時代前期に作られたもの。国指定重要文化財
和具観音堂

円空作立像菩薩
 
十一面観音立像
県指定文化材
和具観音堂
円空上人が鉈で彫ったといわれる菩薩。
片田三蔵寺